M
E
N
U

 
 

ゴリゴリ稼ごう!投資家応援ブログ

株初心者から凄腕デイトレーダーまで全員集合!!投資家応援ブログは話題の注目株や優良投資顧問に関するお役立ち情報満載です。

  • 銘柄選定が面倒くさい・・・
  • 銘柄選定に割く時間が無い・・・
  • どの銘柄を選定すれば良いかわからない・・・

特にこんなことを思ったことがある方は必見です!ゴリゴリ稼ぎたいなら、毎日チェックしましょう

ピックアップ

カテゴリー

記事一覧

円安が輸出企業を救う?米インフレの影響で東京株は続落

カテゴリー

株式投資ニュース20240411


2024年4月11日の東京株式市場前場は、米国のインフレ継続による利下げ観測の後退と前日の米国株下落が重荷となり、日経平均は前日比450円安と続落スタートを切りました。

 

東京株式市場の状況(2024年4月11日前場)

市場は開場とともにリスク回避の動きが強まり、日経平均株価は3万9100円台前半へと下落。一時は500円を超える下げ幅を記録し、投資家の間には警戒感が広がっています。

 

米国市場の影響

前日の米国市場では主要3指数がそろって下落。その背景には3月の米消費者物価指数(CPI)が前年同月比で市場予想を上回り、インフレ継続の兆しが見られたことがあります。

 

これにより米連邦準備理事会(FRB)の利下げ時期について、市場の見方が後ろ倒しになるとの観測が強まりました。

 

東京市場の動き

米国の金融政策見通し変化の影響を受け、東京市場では慎重な取引が進んでいます。特に運用リスクを避ける姿勢が顕著に表れ、幅広い銘柄で売り圧力が高まっています。

 

為替市場の動向

一方で、外国為替市場では円相場が34年ぶりの低水準に達し、一時1ドル=153円台を記録しました。これが輸出関連株にとっては追い風となり一部では買いが入っています。

 

個別銘柄の動き

半導体関連の東エレクやアドテスト、信越化、スクリンは下落が目立ちました。また、ファストリやソフトバンクグループ、ダイキンなどの値がさ株も下げています。

 

しかし、デンソーなどの輸出関連株や、三菱UFJ、三井住友FGなどの銀行株は円安の恩恵を受けています。

 

本日発表となる経済指標

2024年4月11日に発表される世界の経済指標をまとめました。

 

時刻 国/地域 指標 前回(修正値) 予想 結果
08:50 日本 マネーストックM2(前年比) 2.5% (2.4%) - 2.5%
08:50 日本 対内証券投資-株式ネット -4,413.0億円 (-4,416.0億円) - 17,644.0億円
08:50 日本 対外証券投資-株式ネット -2,336.0億円 - -3,018.0億円
08:50 日本 対内証券投資-中長期ネット 8,422.0億円 - -3,490.0億円
08:50 日本 対外証券投資-中長期ネット -16,605.0億円 - 3,464.0億円
21:15 欧州 ECB政策金利 4.50% 4.50% -
21:30 アメリカ 生産者物価指数(PPI)(食品・エネルギー除くコア)(前年比) 2.0% 2.2% -
21:30 アメリカ 生産者物価指数(PPI)(食品・エネルギー除くコア)(前月比) 0.3% 0.2% -
21:30 アメリカ 生産者物価指数(PPI)(前年比) 1.6% 2.2% -
21:30 アメリカ 生産者物価指数(PPI)(前月比) 0.6% 0.4% -
21:30 アメリカ 新規失業保険申請件数 221千件 214千件 -

この表は、日本、欧州、アメリカの重要な経済指標の発表スケジュールをまとめたものです。

 

これらの指標は、それぞれの経済圏における金融政策、企業活動、雇用状況など、経済の健全性を把握するための重要な指標となります。

 

特に、ECB政策金利の発表はユーロ圏の金融政策の方向性を示し、国際金融市場に影響を与える可能性があるので注視していきましょう。

 
 

東京株式市場 寄り付きまとめ

米国のインフレ加速とその影響による金融政策の不透明感が、東京株式市場に続落をもたらしました。

 

しかし、為替市場の円安は輸出関連株にとっては好材料となっており、市場全体の暗いムードの中にも明るい兆しが見られます。投資家は、これら複数の動きを総合的に見極めながら慎重な投資判断を迫られています。
 

 

【資産を倍増させたい方は必見】
明日騰がる株を教えてくれる
↓株情報サイトはココだ↓

円安一服と米国株の動向に振られる東京株、日銀の動きに注目集まる

カテゴリー

株式投資ニュース20240410

2024年4月10日の東京株式市場前場は、先行きの不透明感から反落スタート。外国為替市場での円安進行が一時停滞し、米国株の続落が投資家のリスク回避心理を刺激しています。

 

東京株式市場の状況(2024年4月10日前場)

日経平均株価は、開場とともに前日終値から130円安の3万9600円台前半に下落しました。その後の取引で下げ幅は200円を超える場面もあり、為替市場の動向と海外市場の影響を受けやすい状況が見られました。日経平均はこの2日間で700円以上の上昇を見せていただけに、利益確定の売りが出やすい局面です。

 

 

米国市場の影響

前日の米国株式市場では、ダウ工業株30種平均が続落し、その影響が東京市場にも波及。投資家は、海外市場の動きに警戒感を強めており、市場全体の売り圧力が高まっています。

 

東京市場の動き

米ブルームバーグ通信の報道によると、日本銀行は今月末の金融政策決定会合で2024年度の消費者物価見通しの上方修正を議論する可能性が高いとのこと。これが市場に利上げ観測をもたらし、株式市場には重荷となっています。

 

為替市場の動向

為替市場では、円安・ドル高の動きが一時的に落ち着きを見せています。通常、円安は輸出企業の業績向上が期待されるため株式市場にはプラスですが、この日はその効果が限定的であったようです。

 

 

個別銘柄の動き

自動車大手のトヨタやホンダなどは下落し、医療機器のテルモや製薬の中外薬、三井物なども安い水準で推移しています。一方、安川電機やバンダイナムコホールディングス、大塚ホールディングスなどは上昇しており、市場には選別的な動きが見られました。

 

今日の主要経済ニュース

2024年4月10日に発表される経済指標を表形式でまとめます。この情報には、日本およびアメリカの指標が含まれています。

 

時刻 国/地域 指標 前回(修正値) 予想 結果
08:50 日本 国内企業物価(前年比) 0.6% (0.7%) 0.8% 0.8%
08:50 日本 国内企業物価(前月比) 0.2% 0.4% 0.2%
20:00 米国 MBA住宅ローン申請指数(前週比) -0.6% - -
21:30 米国 消費者物価指数(CPI)(前年比) 3.2% 3.4% -
21:30 米国 消費者物価指数(CPI)(前月比) 0.4% 0.3% -
21:30 米国 消費者物価指数(CPI)(食品・エネルギー除くコア)(前年比) 3.8% 3.7% -
21:30 米国 消費者物価指数(CPI)(食品・エネルギー除くコア)(前月比) 0.4% 0.3% -
23:00 米国 卸売在庫(前月比)(確報) 0.5% 0.5% -
23:30 米国 原油在庫(前週比) 321.0万バレル - -
23:30 米国 ガソリン在庫(前週比) -425.6万バレル - -
23:30 米国 留出油在庫(前週比) -126.8万バレル - -

 

 

東京株式市場 寄り付きまとめ

東京株式市場は、外国為替市場の一服と米国株の続落、そして日銀の動向に左右される形で反落。特に日銀の金融政策決定会合に向けた動きは、市場の不透明感を増しています。投資家は、これらの要因を総合的に分析し、慎重に対応する必要があるでしょう。


 

【資産を倍増させたい方は必見】
明日騰がる株を教えてくれる
↓株情報サイトはココだ↓

東京市場、半導体関連の追い風で続伸-米国の補助金発表が後押し

カテゴリー

2024年4月9日の東京株式市場前場では前日比で220円高い3万9500円台後半となり、半導体関連銘柄への期待感が市場を牽引しています。

 

特に注目されるのは、米国からのポジティブなニュースが、東京市場にどのような影響を与えたのかという点です。

 

それでは詳しく解説していきましょう。

 

東京株式市場の状況(2024年4月9日前場)

開場から半導体関連銘柄への買いが集中し、日経平均株価は一時300円を超える上昇を見せました。しかし、買いが一巡すると上値の重さも感じられ始め、市場は慎重な動きに変わりつつあります。

 

 

米国市場の影響

米国市場では、フィラデルフィア半導体株指数が前週末比わずかに上昇し、特に台湾積体電路製造(TSMC)の米国新工場建設への最大66億ドルの補助金支給発表が市場の注目を集めました。このニュースは半導体関連銘柄に対する投資意欲を高め、東京市場への好影響をもたらしています。

 

 

東京市場の動き

日経平均の上昇に貢献しているのは、東エレクやスクリンといった半導体関連銘柄への買いが目立つことです。米国の補助金発表が、半導体関連設備への投資期待を新たにしています。一方で、米連邦準備理事会(FRB)による利下げの時期遠のきに関する懸念から、積極的な上値追いは限定的です。

 

 

為替市場の動向

本文中では触れられていませんが、為替市場の動きも株式市場に影響を及ぼします。特に、円安・ドル高が進むと輸出関連銘柄にプラスの影響を与える可能性があります。

 

個別銘柄の動き

今回の市場では、トヨタや信越化、ファナック、三井物といった銘柄が上昇しています。反対に、ニトリHDやテルモ、コマツなどは下落しており、市場全体の動きとは異なる動きを見せています。

 

今日の主要経済ニュース

国/地域 指標 前回 予想 結果
日本 消費者態度指数 39.1 39.5 -

 

 

東京株式市場 寄り付きまとめ

東京株式市場は、半導体関連銘柄を中心に続伸しています。米国からのポジティブなニュースが市場を後押しし、特に設備投資への期待感が高まっています。ただし、FRBによる利下げ遠のきの懸念や、為替市場の動向など、引き続き注視すべき要因は多くあります。投資家は、これらの要因を踏まえつつ、市場の動きを慎重に分析する必要があるでしょう。


 

【資産を倍増させたい方は必見】
明日騰がる株を教えてくれる
↓株情報サイトはココだ↓


 

米国株高の追い風を受けて、東京株も反発

カテゴリー

2024年4月8日の東京株式市場前場では、米国株式市場の好調な動きを受けて日経平均株価が上昇。市場参加者の間で自律反発を目指す買い意欲が高まり、活発な取引が行われました。

 

東京株式市場の状況(2024年4月8日前場)

8日前場の取引で、日経平均株価は前週末と比べ370円の上昇を見せ、3万9300円台後半で取引された。この上昇は一時400円を超えるもので、米国市場の好調が直接的なきっかけとなっています。

 

米国市場の影響

前週末、5日の米株式市場でダウ工業株30種平均が前日比307ドル上昇し、主要指数が軒並み上昇を記録しました。3月の米雇用統計が市場予想以上の好結果を示し、それが投資家心理を刺激しています。賃金インフレの懸念が後退し、リスク資産への投資が促された背景には、米連邦準備理事会(FRB)の政策見通しに対する市場の見方が影響しています。

 

東京市場の動き

東京市場では、米国市場の上昇を受けて投資家のセンチメントが改善。前週の大幅な下落からの反発を見据え、自律反発を狙う買いが入った。特に前週末に下落していた半導体関連の銘柄を中心に積極的な買いが観測されました。

 

為替市場の動向

為替市場では、1ドル=151円台後半へと円安・ドル高が進行。この為替の動きが輸出関連銘柄への追加的なサポートとなり、市場全体の上昇に貢献しました。

 

個別銘柄の動き

市場の反発ムードの中、古河電やコニカミノル、リクルートなどの銘柄が特に上昇を見せました。しかし、ZOZOやシャープ、TOPPANなどは下落し、市場にはまだ一部に不透明感が残る状態です。

 

東京株式市場 寄り付きまとめ

今回の東京株式市場の反発は、米ハイテク株の上昇と長期金利の動きが大きな要因となっています。株価だけでなく為替市場の動向にも目を向け、今後の市場の方向性を見極めることが投資家にとっては重要です。

 

今後の展開を予測しながら市場の動きをしっかりと分析することが求められます。

 

【資産を倍増させたい方は必見】
明日騰がる株を教えてくれる
↓株情報サイトはココだ↓

【反発の東京市場】米ハイテク株の影響と為替の動きを解析

カテゴリー

株式投資ニュース20240404

今週の東京株式市場は、米国市場の動向と為替の変動を背景に、前週末の下落から反発を見せる展開となりました。特にハイテク株の動きが、国内市場にどのように影響しているのか、その背景とともに詳しく見ていきましょう。

 

東京株式市場の状況(2024年4月4日前場)

4日前の東京株式市場で、日経平均株価は反発し、開場と同時に500円高い3万9900円台後半で取引された。この動きは、米国の長期金利上昇が一服し、前日の米ハイテク株の上昇が好感された結果と考えられる。こうした背景から、市場では買いが先行する展開に。

 

米国市場の影響

米国市場では、ハイテク株が中心となるナスダック総合株価指数が前日比0.22%上昇し、ハイテク産業を象徴するフィラデルフィア半導体株指数も0.33%のプラスを記録した。また、米国の非製造業景況感指数の低下がインフレ圧力の緩和と解釈され、長期金利の低下に繋がり、ハイテク株への投資意欲を高めた。

 

東京市場の動き

東京市場でも、この米国市場の好調が反映され、東エレクをはじめとする半導体関連株が上昇。日経平均株価は、3月末からの下落幅を900円超回復する自律反発を見せた。市場関係者は、日本株に対する先高観が根強く、押し目買いの動きも活発になっていると分析している。

 

為替市場の動向

本文中では直接触れられていないが、株価と為替は密接に関連している。特に、ハイテク株の動向は為替にも影響を及ぼすことが多いため、円相場の変動も市場の注目点の一つとなっている。

 

個別銘柄の動き

今回の市場の動きの中で、ディーエヌエ、花王、フジクラなどが特に注目される上昇を見せた。一方で、住友ファーマ、ニッスイ、明治HDといった銘柄は下落しており、個別銘柄によってはまだ不透明感が残る状況だ。

 

今日の経済指標

国/地域 指標 前回 予想 結果
日本 対内証券投資-株式ネット -8,914.0億円 - -
日本 対外証券投資-株式ネット 819.0億円 - -
日本 対内証券投資-中長期ネット -38,925.0億円 - -
日本 対外証券投資-中長期ネット 7,623.0億円 - -
ユーロ圏 サービス業PMI(購買担当者景気指数)(確報値) 51.1 51.1 -
ユーロ圏 生産者物価指数(PPI)(前年比) -8.6% -8.5% -
ユーロ圏 生産者物価指数(PPI)(前月比) -0.9% -0.6% -

 

東京株式市場 寄り付きまとめ

今回の東京株式市場の反発は、米ハイテク株の上昇と長期金利の動きが大きな要因となっています。株価だけでなく為替市場の動向にも目を向け、今後の市場の方向性を見極めることが投資家にとっては重要です。

 

今後の展開を予測しながら市場の動きをしっかりと分析することが求められます。


 

【資産を倍増させたい方は必見】
明日騰がる株を教えてくれる
↓株情報サイトはココだ↓